高断熱浴槽なら

冷めにくいお風呂で家族みんなが温まります







 沸かしなおす時間が不要 冷めにくいバスタブの仕組みは、熱を閉じ込める専用ふた、
熱を外に伝えない浴槽保温材、床下の冷気から守る断熱材の
3点で成り立っているため高い保温効果を発揮します。
 
 光熱費がおトク 追い炊きの時間の節約はもちろんの事、
年間でおよそ4000円〜6000円程度の光熱費の節約にも
結び付きます。
 長湯をしても追い炊きいらず 魔法瓶のようにお湯が保温されてなかなか冷めません。
従来に比べて入浴可能な時間が約3倍に延びるので
お湯の冷めを気にせず入浴できます。
 翌日の洗濯にも効果的 12時間たった後でも洗濯に最適な湯温(35℃程度)を保っている為石鹸もしっかり溶けますし、皮脂汚れも落ちやすく、
洗濯の仕上がりが楽しみになります。

  

浴槽内の温度変化
 19:00 夫

鼻歌交じりで一番風呂

約42℃
 21:30 私

夕食の片付けを終え、のんびりと長湯

約40℃
 23:00 娘

深夜帰宅。追い炊き不要。

約39℃
 翌8:00

適度なぬるま湯で洗濯。皮脂汚れもさっぱり!

約34℃