わが家の耐震セルフチェック





  日本は地震大国。大型地震だけでなく、小規模地震も頻繁です。今のお住まいが地震に強いかどうか調べておきましょう。
  国土交通省監修による簡単な耐震診断(「誰でもできるわが家の耐震診断」)をいくつか紹介します。



今の家が建てられた時期は?
まず、一番重要なことなので、絶対確認を。1981年6月に建築基準法が改正され、耐震基準が厳しくなりました。(新耐震)。それより後に建てられた家は、耐震基準が強化された建物ですが、それ以前に建てられた家は、古い耐震基準のままなので耐震性が弱いといえます。
 
大きな災害に見舞われたことは?
重要なチェックポイントです。地震だけでなく土砂災害、浸水、崩落、車の突入事故などは、建物にダメージを与えていることがあります。
 
増築・改築・補修などの履歴や家の傷み具合は?
日本では地震に対する関心度は高く、耐震設備や防災グッズも豊富ですが、家屋についてはまず現状を知ることが第一。専門家に相談する前にセルフチェックしておきましょう。





誰でもできるわが家の耐震診断



   
     1.建てたのはいつ頃ですか?  
     2.いままでに大きな災害に見舞われたことはありますか?  
     3.増築について  
     4.傷み具合や修理・改修について  
     5.建物の平面はどのような形ですか?  
     6.大きな吹き抜けがありますか?  
     7.1階と2階の壁面が一致しますか?  
     8.壁の配置はバランスがとれていますか?  
     9.屋根葺材と壁の多さは?  
     10.どのような基礎ですか?  
    

 1.建てたのはいつ頃ですか?
   A.建てたのは1981年6月以降
   B.建てたのは1981年5月以降
   C.よく分からない
 2.今までに大きな災害に見舞われたことはありますか?
   A.大きな災害に見舞われたことはない
   B.床下浸水・床上浸水・火災・車の突入事故・大地震・崖上隣地の崩壊などの災害に遭遇した
   C.よく分からない
 3.増築について
   A.増築していない。または、建築確認など必要な手続きをして増築を行った。
   B.必要な手続きを省略して増築し、または増築を2回以上繰り返している。
     増築時、壁や柱を一部撤去するなどした。
   C.よく分からない