今の床をはがさず床暖房





家を建ててから床暖房を入れるのは無理とあきらめていませんか?
 
直貼り工法なら集合住宅タイプもあり、
最短1日の工事でぽかぽかな生活を実現できます!





床暖房は
@足元から暖まる
A空気を汚さない
B乾燥が少ない

など、健康面での利点や従来の暖房器具より改良された点がたくさ んあります。
  もっとも工期が短かく、工事費用も抑えられる床暖房に出来る方法をご存知ですか?それは現状の床材の上に貼るだけの直貼り工法です。
  現状の床の上に熱源と仕上げ材を重ねるので、床暖房に加えて新しい床が手に入るのも魅力です。熱源は温水マットやヒーターなど仕上げ材は色、材質ともに各種あります。目的に応じて電気式、ガス温水式のそれぞれの特徴で選びたいものですね。
  なお、直貼り工法では仕上げ材などが薄型になっているとはいえ、現在の床面から最も薄いもので11mm、最大で18mmほど高くなります。壁際や掃き出し窓との境目は段差が出ないように仕上げられますが、バリアフリー住宅に取り入れる場合は注意が必要です。 
 
  ※ 現在の床材をはがす必要はありません。





リフォーム床からはじめませんか?

       リビングダイニングのように家族が集い、多くの時間を過ごす場所では常に床に触れています。部屋の中でも占める面積が大きいため、フローリングを変えるだけでもかなり雰囲気が変わります。今まで愛着のある床と同じような木目・色を選ぶのもいいですが、少し雰囲気を変えて明るい色を選んでみたり、シックな大人の空間を目指して濃色系を選んでみたりするのもいいかもしれません。
色だけでなく樹種によっても木目や質感でかなりイメージは変わるかと思います。
       
     最近では現在ある床に上貼りをして施工時間や手間をかけずリフォーム出来る商品も増えています。まずは床から広がるリフォームでお気に入りの空間を実現してみませんか?